Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリークリスマス

暮れも押し詰まってまいりましたが、帰り道に立ち寄った書店で、CDを衝動買いしてしまいました。

先週、その書店を訪れたときに、店内でかかっていた音楽が耳から離れず、きょうもその近くを通ったので、矢も立てもたまらず、店に立ち寄り、店員さんに「この店ではCDなんか売ってませんよねぇ・・・」

ところが、レジにはCDが・・・。

神保町にある、ちょっと変わった書店なのです。名前を「ブックハウス」といい、委託販売をせずに自由定価の本を置いている店としてマスコミなどにも取り上げられたことがあるのですが、1階の中央には児童書が並んでいて、その関係なのか、先週その店に入ったときに、子供たちが歌っている歌が流れていて、それからというもの気になって気になって・・・。

店員さんが「先週かかっていたCDならコレです」と出してくれたものを、ちょっと躊躇したのですが(申し訳ないことですが、帰ってからネットで探して買おうかと逡巡したのです)、これもなにかの縁だし、せっかく引き合わせてくれたこの場所で買わずしてどうしようと、2,500円を出しました。

それがこれ。

一緒にうたおう!NHKみんなのうた~こどもVer.~
TVサントラ
B0010B8DSE


帰って、さっそく聴いたのですが、いやぁもう、やられたぁ~って感じ。

なんか、いろいろと音楽のことを考えるの、やんなっちゃいますよねぇ、こんなにプリミティヴに音を楽しまれちゃうと。でも、これが本質なのかもなぁって思わされる、妙な説得力がある。

確かに、「みんなの歌」は曲のクオリティが高いから、多少お遊び的な要素が入ったとしても、充分耐えられるのかもしれませんが、でも逆に、子供たちが歌っているからこその魅力があって、それゆえにボクは買ってしまったわけですね。これ、大人ヴァージョンもあるんですが、買わないだろうな、きっと(笑)。

久々のハードローテーションの予感。

皆様にもクリスマスのおすそ分けです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。