Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/27のツイートまとめ

jazz_aet

昨夜は松居慶子@赤坂BLIZ。松居さんはアコピのみ、二胡のZhaoLeiとのデュオを中心としたイレギュラーなイヴェントでした。感動して会場を出ると、夕立のあとが・・・。おかげさまで雨に当たらずに帰宅。 #jazz
07-27 11:51

スポンサーサイト

07/26のツイートまとめ

jazz_aet

今週の「音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~」の富澤えいちの更新記事は「おーる雑多じゃず:リアル書店を旅してラテン音楽の真髄と出会う」です。⇒ http://bit.ly/aF3grT #jazz
07-26 11:16

07/24のツイートまとめ

jazz_aet

昨日は映画「借り暮らしのアリエッティ」を観覧。予想に反して「グッ」とくるポイントがいくつかあったのですが、押しが弱かったのは残念。
07-24 09:44

竹内直さんのインタビュー音声の文字起こし完了。暑い日は外出せずに、冷房の効いた部屋でお仕事だぁ(泣)。ちなみに、ボクは「おこしやす」というフリー・ソフトを使ってますが、これは便利です。トランスクライブ、ディクテーションをしている方にはオススメします。
07-24 18:19

昨日はジャンディックを追ったドキュメンタリー映画を見ながら夕食をとっていたのですが、正直に言ってフリー・ジャズに慣れている耳ではそれほどジャンディックのサウンドが「奇異」だとは思えなかった。喜ぶべきか悲しむべきか(笑)。 #outsider #jazz
07-24 18:22

フリー・ジャズは、いま流行のフリー(無料)のジャズという意味ではありません。しかし、無償の聴き手を要求する音楽であるかもしれませんが。 #freejazz #jazz
07-24 18:27

07/22のツイートまとめ

jazz_aet

夕べはエリック・ミヤシロさんのインタビュー。本日は竹内直さんのインタビューです。⇒「jazzLife」誌
07-22 10:20

取材終了で帰宅なう。都内より磯子は2度ほど涼しいそうですが、家まで歩くと汗だく。。。シャワー浴びました。
07-22 17:36

jazzLife8月号を総括しましょうか【JAZZの髄】


ジャズ・ライターの 富澤えいち がお送りする
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
   メルマガ「JAZZの髄(ずい)」
                         2010/07/17 配信
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。



また気を抜いているうちに、梅雨が明けそうですね(莫)。

(編集後記へつづく)



◆お疲れの身体を癒してくれるマッサージ機器・入浴剤のご紹介
 比較するならこちらから⇒ http://relax.shikisokuzekuu.net/
   ※その日の疲れはその日のうちに解決したいものです。



◆リラックスしたいなら中国茶を飲みましょう!
 購入ならこちらから⇒ http://kurouuroncha.kurushiunai.jp
   ※お買い得な中国茶のまとめ買いサイトを紹介しています。



◆iTunes Storeで「ジャズを買おう!」
  購入はこちらから⇒ http://bit.ly/dxMGjf



◆【編集後記】━━━━━━━━━━━・・・・・・・・・・・‥‥‥………


「jazzLife(ジャズライフ)」2010年8月号



   amazonで購入するなら⇒ http://amzn.to/a7k9ba

   楽天ブックスで購入するなら⇒ http://bit.ly/di6Cjz


>> 富澤えいち執筆記事一覧

  <取材記事>ハンク・ジョーンズ追悼インタビュー(伊藤八十八氏)
  <Disc Review>
   『オンリー・ユー』綾戸智恵ミーツ・ジュニア・マンス
   『PRAY(プレイ)』熊谷ヤスマサ
   『ストラッティン』纐纈歩美
   『KYOKO』やまもときょうこ
   『ラ・クンパルシータ』サルガヴォ


>> 執筆余談

伊藤八十八さんは、日本のジャズを導いてきたといっても過言ではない名プロ

デューサー。初プロデュースはテディ・ウィルソンとおっしゃってましたが、

70年代に入るとイースト・ウィンドというレーベルで「世界に通用する日本発

のジャズ」を先導されていました。今回の話題に出ていた渡辺貞夫さんのアル

バム『アイム・オールド・ファッション』の話、酒井俊さんに断片的にうかが

っていた話、伊藤君子さんのアメリカ進出の経歴などなど、それぞれの糸をひ

とつにつむいでいくと、あの時代になにがあったのか、なにを考えていたのか

ということが浮かび上がってきそうなエピソードを、まだまだたくさんもって

いらっしゃる、キーマンなのです。

今回はそのなかのハンク・ジョーンズに関わる話をうかがったわけですが、オ

フレコもだいぶ充実しておりました(笑)。


綾戸智恵さんのリリースは再発ものですが、1曲だけ新録が入っているところ

がミソ。ジュニア・マンスとのコラボは東京JAZZでも再現されるそうなの

で、そちらもチェックしてくださいね。


新鋭・熊谷ヤスマサさんのピアノは、不思議な印象を残すサウンドをもったも

の。21世紀に入ってからも、日本独自のハードで音数の多いピアノ・ジャズや、

クラブ・ジャズから派生したアヴァンギャルド系のものが進化してきたりいた

のだけれど、彼のピアノはそれらとも違った感触を与えてくれたのでした。も

しかしたら、ポスト911と呼ぶべき、異なったヴァイブレーションをもった

ピアノ・ジャズが芽生えつつあるのではないかと思ったりもしています。


纐纈歩美は女性アルト・サックス奏者。そうじゃなくても若い女性の管楽器奏

者が登場すると日本のジャズ・ファンは色めき立っちゃうんだけれど(笑)、

それが本人に対してはあまり良い影響を与えていないなぁというのが正直な感

想でした。でも、注目されることを前提にデビューするわけなので、実力は折

り紙が付いていなければならず、そういう意味では周囲に振り回されずにじっ

くりと自分のサウンドを探していってほしいと思います。せっかくジャズを選

んだのだから、ポップスの世界のように焦って使い捨てのイメージをつかまな

いようにしてもらいたいと願っていますので。それにしても、彼女に限らず、

現在のジャズにおけるJポップの落とし込みはかなり高い水準で完結できてい

るのではないかと、これまた纐纈歩美が奏でた中島美嘉の「オリオン」を聴い

て感心してしまったのだけれど、ジャズ・スタンダードよりもサザンやドリカ

ムなんかの曲のほうに表現力が勝ってしまうのも、当然といえば当然なのでし

ょうね。でも、だからこそのジャズ・スタンダード解釈ができるレヴェルとい

うのを、ファンとしては待っていたいと思うのですが。


やまもときょうこさんの新作はラテンの女王らしい仕上がりなのですけれど、

落ち着いてしまっては物足りないわけなので、そのへんもちゃんとわかってい

るところがやっぱり「やまきょう」の凄さなのですね。「ロミオとジュリエッ

ト」をこんなふうにラテンにしちゃえるのかという驚きは、「いやぁ、参りま

した!」といわざるをえない仕上がりで、この強引さこそラテンの基本ではな

いかと思ったりするわけです。


サルガヴォというのは、日本が世界に誇るべきオルタナティヴ界の鬼才・鬼怒

無月さんによるユニットで、アストル・ピアソラを解体して再構築させたネオ・

ネオタンゴ。とらえどころが難しいのはタンゴというイディオムがもっている

弱点かもしれませんが、逆にその緩さがサウンドの核となり、新たな自由の発

見に貢献しているのではないか、と。




『ラスト・レコーディング』ハンク・ジョーンズ



  Amazonで探すなら ⇒ http://amzn.to/cAiXmc

  楽天ブックスで探すなら ⇒ http://bit.ly/cjJ2u1



『オンリー・ユー』綾戸智恵ミーツ・ジュニア・マンス



  Amazonで探すなら ⇒ http://amzn.to/bbznrs



『PRAY(プレイ)』熊谷ヤスマサ



  Amazonで探すなら ⇒ http://amzn.to/ctNpKM

  楽天ブックスで探すなら ⇒ http://bit.ly/cLrKq3



『ストラッティン』纐纈歩美



  Amazonで探すなら ⇒ http://amzn.to/bAvjDb

  HMVで探すなら ⇒ http://bit.ly/aUSWjR



『KYOKO』やまもときょうこ



  Amazonで探すなら ⇒ http://amzn.to/cpdk12

  HMVで探すなら ⇒ http://bit.ly/cAGp3C



『ラ・クンパルシータ』サルガヴォ



  Amazonで探すなら ⇒ http://amzn.to/bpufKd




「jazzLife(ジャズライフ)」2010年8月号



   amazonで購入するなら⇒ http://amzn.to/a7k9ba

   楽天ブックスで購入するなら⇒ http://bit.ly/di6Cjz





音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~
 富澤えいちの記事はこちらから⇒ http://bit.ly/aF3grT


 富澤えいちの本『ジャズを読む事典』
  Amazonで探す ⇒ http://bit.ly/bF5iBa
  楽天ブックスで探す ⇒ http://bit.ly/diYESz


 ブログ「ジャズなら…」⇒ http://jazznara.blog23.fc2.com/
 サブ・ブログ⇒ http://ameblo.jp/jazz-aet/ (同じ内容です)


 富澤えいちのTwitterはこちらから
  ⇒ http://twitter.com/jazz_aet


◎「JAZZの髄(ずい)」はメルマガ登録【無料】をしておくと
  更新内容が自動的に届けられるようになります。
   登録・バックナンバー閲覧・配信停止はこちらから
   ⇒ http://www.mag2.com/m/M0083892.html


テーマ: JAZZ - ジャンル: 音楽

昼の鎌倉


八幡宮の近くの蕎麦屋。

こんな文字が見えたので頼んでみると・・・。

すばらしい香り、ほのかな甘味、いやぁこんなうまい蕎麦を食べたのは初めて!
信州にわざわざ行かなくても、近所でこんなに美味しい蕎麦がいただけるなんて幸せダァーッ!

07/13のツイートまとめ

jazz_aet

ときどきパラパラと雨が降ってくるような天気です。午前中、浅草まで墓参りに行く予定。
07-13 07:54

@reosei ありがとうございます(^^)/
07-13 08:02

ヤマハの「音楽ジャーナリスト&ライターの眼」の富澤えいちの記事が更新されました。今週は「おーる雑多じゃず:日本の夏、ジャズの夏。」です。⇒http://bit.ly/aF3grT #jazz
07-13 08:06

07/12のツイートまとめ

jazz_aet

きょうは朝からグラント・グリーンの『キャリーン・オン』。このアルバムを軸に、グラント・グリーンの見直しをしてみます。 #jazz
07-12 16:19

きょうのおひる



晴れてきたので、自転車に乗って金沢八景へ、鰻松という老舗の蒲焼き屋さん。ひつまぶしを初体験。こりゃー美味い(^~^)

07/07のツイートまとめ

jazz_aet

日経BO「5時間で1400部以上売れた電子書籍」⇒ http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20100702/215253/ #publication
07-07 09:10

07/06のツイートまとめ

jazz_aet

ヤマハの「音楽ジャーナリスト&ライターの眼」の富澤えいちの記事が更新されました。今週は「Jazz攻略法 A to Z ~ “F”のキーワード:フリー(free)」です。⇒http://bit.ly /aF3grT #jazz
07-06 08:48

晴れた日は根岸線に乗って


大船を散策。観音食堂で冷たい飲み物をグビッ!

07/01のツイートまとめ

jazz_aet

昨日は原稿の締切が数本あったので終日引き籠もり。
07-01 11:04

きょうのヨコハマは梅雨の晴れ間でしょうか。外出したいな。
07-01 11:05

06/30のツイートまとめ

jazz_aet

夕べは目黒ブルースアレイジャパンで西藤ヒロノブさんのレコ発ライヴを拝見。クリヤマコト臨時トリオのバックアップもあって、パワフルなパフォーマンスを楽しむことが出来ました。 #jazz
06-30 10:26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。