Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/28のツイートまとめ

jazz_aet

きょうは夕方にT-SQUAREの安藤さんと伊東さんへのインタビュー。それまで仕上げなければならない原稿が・・・。
09-28 11:52

スポンサーサイト

09/27のツイートまとめ

jazz_aet

今週の「音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~」の富澤えいちの更新記事は「おーる雑多じゃず:ジャズはどう聴けばいいのか?」です。⇒ http://bit.ly/aq9eeW #jazz
09-27 09:28

きょうはこれから伊藤君子さんへのインタビュー取材。
09-27 14:15

09/26のツイートまとめ

jazz_aet

一昨日は赤松敏弘さんのインタビュー原稿の仕上げ。昨日はunit asiaの三好3吉功郎さんと則竹裕之さんのインタビュー原稿の仕上げ。きょうは休もうかなと思っていたら、ベルリンへの取材の仕事が入ってしまった・・・。詳細は夜にご報告。
09-26 10:02

高瀬アキさんにSkypeでインタビュー。ちょっと途中で音声が悪かったけど、なんとかお話を聞くことができました。ベルリンは時差8時間なので、ちょうど正午あたりかな。
09-26 20:40

わからん・・・。@CHAKA_JAZZ CHAKA 髪が薄くて悩んでいる人には私の悩みはわかってもらわれへんと思う。髪がすごく多いのではなく、どうしようもなく多く硬く癖毛。一生に一度も、したい髪型には出来ない悲しみ。。でもわかってもらわれへんと思う。
09-26 23:12

09/24のツイートまとめ

jazz_aet

マリナーズのイチローさん、10年連続200本安打達成おめでとうございますっ! 継続は力なり。
09-24 09:09

09/23のツイートまとめ

jazz_aet

ようやう石崎忍さんへのインタビュー原稿をアップ。日付を超えずに済んだかな。涼しくて仕事がはかどるかと思ったら、途中で眠くなってしまったので(トホホ)。でも、晩酌もせずにがんばりましたよ。
09-23 23:40

@cfnets_sekiya こちらこそ、楽しいたびのサポートをありがとうございました。数々の奇跡が起こったのは、絶対に企画開発のみなさんの日ごろの行いが良いからでしょう(^^)
09-23 23:44

09/22のツイートまとめ

jazz_aet

本日は山下洋輔スペシャル・ビッグバンドの観覧予定。その前に、浅草で墓参り。
09-22 08:50

09/21のツイートまとめ

jazz_aet

土日は熱海の初島へ解禁の伊勢エビを食しに行ってきました。よかったぁ~。で、しわ寄せで昨日から籠もりっきりでインタビューのまとめをやってます。きょうは午後に上大岡まで銀行関係の所用を足しに行かなければならないので、それまでに目途を付けたい・・・。ふぁいとぉ。
09-21 09:20

09/20のツイートまとめ

jazz_aet

今週の「音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~」の富澤えいちの更新記事は「Jazz攻略法 A to Z ~ “K”のキーワード:キー(key)」です。⇒ http://bit.ly/aD68Wk #jazz
09-20 09:54

09/17のツイートまとめ

jazz_aet

きょうはこれからunit asiaの三好功郎さんと則竹裕之さんにインタビュー。午後は場所を移して赤松敏弘さんにインタビューというダブルヘッダー。昼食は食べられなさそう・・・? #jazz
09-17 08:56

「jazzLife」10月号の総括です【JAZZの髄】



ジャズ・ライターの 富澤えいち がお送りする
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
   メルマガ「JAZZの髄(ずい)」
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*



雨ですっかり秋らしい空気に入れ替わりましたね。といっても、

まだまだ今年は暑さがしぶといようですので、皆さんも健康に

はお気を付けくださいね。さて、月例の「jazzLife」10月号の

総括をしましょう。






◆お疲れの身体を癒してくれるマッサージ機器・入浴剤のご紹介
 比較するならこちらから⇒ http://relax.shikisokuzekuu.net/
   ※その日の疲れはその日のうちに解決したいものです。



◆リラックスしたいなら中国茶を飲みましょう!
 購入ならこちらから⇒ http://kurouuroncha.kurushiunai.jp
   ※お買い得な中国茶のまとめ買いサイトを紹介しています。



◆iTunes Storeで「ジャズを買おう!」
  購入はこちらから⇒ http://bit.ly/dxMGjf



◆【「jazzLife」10月号の総括です】>>>>>

「jazzLife(ジャズライフ)」2010年10月号




   amazonで購入するなら⇒ http://amzn.to/cck39B

   楽天ブックスで購入するなら⇒ http://bit.ly/bsVxJZ



>> 富澤えいち執筆記事一覧

  <取材記事>ルー・ソロフ(tp)インタビュー
        川嶋哲郎(sax)インタビュー
        エリック・ミヤシロ(tp)インタビュー
  <Disc Review>
   『フォーエヴァー・ビギンズ』山中千尋
   『アクション!』石崎忍クァルテット
   『ミカリンバ』MIKA&スティーヴ・ガッド



>> 執筆余談

『スケッチ・オブ・スペイン~マイルス・デイヴィス&ギル・エヴァンスに捧ぐ』ルー・ソロフ

   Amazonでチェック⇒ http://amzn.to/98ZxVg

   楽天ブックスでチェック⇒ http://bit.ly/a5JQ89


ルー・ソロフさんへのインタビュー。

歴史に残るマイルス・デイヴィスの名作『スケッチ・オブ・ス

ペイン』を新たに録音したアルバムをリリースするということ

でお話を伺いました。同時代的にはマンハッタン・ジャズ・ク

ィンテットの花形としての活躍で知っている彼に、それ以前の、

伝説のギル・エヴァンス・オーケストラ時代の話を聞けるとい

うことでかなり緊張しました。所蔵していた『ギル・エヴァンス 

音楽的生涯』という自叙伝を携えて臨むと、さっそくルーさん

から「おや、それはなんだい?」と興味津々。最後には「尊敬

するギル・エヴァンスの話をいろいろと聞いてくれて、きょう

はとても楽しかったよ」と言ってもらえました。



『デイズ・オブ・バード』川嶋哲郎



   Amazonでチェック⇒ http://amzn.to/dAdLGW

   楽天ブックスでチェック⇒ http://bit.ly/db2Hyl


川嶋哲郎さんとは久しぶり。トリビュート・アルバム、しかも

チャーリー・パーカーがテーマということで、「ずいぶん意外

なところから攻めましたねぇ~」というあたりから話はかなり

濃い方向へ。結局、スピリチュアルなジャズ論になってしまう

ところがまた、川嶋哲郎さんらしいなぁということなんですが

(笑)。



『スカイダンス』エリック・ミヤシロ



   Amazonでチェック⇒ http://amzn.to/bq0E5Q

   HMVでチェック⇒ http://bit.ly/cVycSY


エリック・ミヤシロさんのリーダー作リリースでのインタビ

ュー。高音をビンビンと響かせる超絶テクのトランペッターと

いうイメージが強いエリックさんですが、心に秘めた音楽性は

それだけじゃ語れない、というあたりを話してもらえたのでは

ないかと思います。期せずして、ルー・ソロフとエリック・ミ

ヤシロという、現代の2大トランペッターに話を聞けたのは、

とても貴重な経験となりました。



『フォーエヴァー・ビギンズ』山中千尋



   Amazonでチェック⇒ http://amzn.to/c3XikV

   楽天ブックスでチェック⇒ http://bit.ly/9qJeob


山中千尋というピアニストは、ストーリーを生み出していくの

が上手いアーティストだと、デビュー当時から思っていたので

すが、イメージとプレイのギャップがかなり狭まってきて、自

分が思っているとおりのサウンドを創り出せるようになってき

ていると、最近感じるようになってきました。そのへんが実証

されているというのが、この新作ということになると思います。

北島マヤが袖から舞台に出る瞬間に「ドンッ!」という感じで

人格が変わるような、そんな転換が彼女の音楽にはあるような

気がするのです。



『アクション!』石崎忍クァルテット



   Amazonでチェック⇒ http://amzn.to/bqIqCP

   HMVでチェック⇒ http://bit.ly/bmQrMj


横浜のモーション・ブルーで録画されたライヴの模様を格好良

く編集したDVD作品。ワン・ホーンでウネウネと個性的な

“オレのジャズ”を展開していく石崎忍と、クールにサポートす

るメンバーの勇姿が見事に収められている。安齋肇によるアー

トディレクションなど、エンタテインメントな見所も満載。



『ミカリンバ』MIKA&スティーヴ・ガッド



   Amazonでチェック⇒ http://amzn.to/bLNmcK

   楽天ブックスでチェック⇒ http://bit.ly/9GMxG6

   HMVでチェック⇒ http://bit.ly/d4eFDj


ニューヨークを拠点に活動をするマリンバ奏者のMIKAをス

ティーヴ・ガッドがプロデュース、というだけでヨダレが出て

しまう人もいるでしょう。構成を考えてみれば、打楽器と打楽

器というシンプルなものなのですが、それだけに隙間のセンス

とタイミングの相性がかなり難しいことになるだろうというの

が聴く前の問題提起で、それを聴きながら、どの部分でどうや

って彼らが解決しているのかを紐解いていく、というのもジャ

ズの楽しみのひとつです。






「jazzLife(ジャズライフ)」2010年10月号




   amazonで購入するなら⇒ http://amzn.to/cck39B

   楽天ブックスで購入するなら⇒ http://bit.ly/bsVxJZ



音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~
 富澤えいちの記事はこちらから⇒ http://bit.ly/aF3grT





 富澤えいちの本『ジャズを読む事典』
  Amazonで探す ⇒ http://bit.ly/bF5iBa
  楽天ブックスで探す ⇒ http://bit.ly/diYESz





 ブログ「ジャズなら…」⇒ http://jazznara.blog23.fc2.com/
 サブ・ブログ⇒ http://ameblo.jp/jazz-aet/ (同じ内容です)


 富澤えいちのTwitterはこちらから
  ⇒ http://twitter.com/jazz_aet


◎「JAZZの髄(ずい)」はメルマガ登録【無料】をしておくと
  更新内容が自動的に届けられるようになります。
   登録・バックナンバー閲覧・配信停止はこちらから
   ⇒ http://www.mag2.com/m/M0083892.html

テーマ: JAZZ - ジャンル: 音楽

秋を知らせる赤レンガの夕暮れ


雨が季節の変わり目を知らせてくれるきょうこのごろ。


大雨を予感させる雲が横浜の赤レンガ倉庫のうえにたなびいていました。

09/14のツイートまとめ

jazz_aet

夕方から石崎忍さんのインタビューの予定。
09-14 07:59

久しぶりの6時半「テレビ体操」やりました。外に出てみるとだいぶ涼しいです。
09-14 08:01

09/13のツイートまとめ

jazz_aet

今週の「音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~」の富澤えいちの更新記事は「おーる雑多じゃず:ブラスの“切れ味”をさらに鋭くさせた夏の陣」です。⇒ http://bit.ly/8WZFef #jazz
09-13 09:00

09/10のツイートまとめ

jazz_aet

借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展に行ってきました。映画を補完するほどの意味をもったイヴェントなのではないでしょうか。アリエッティの「目線」になることの重要性を知るために・・・。
09-10 23:34

09/09のツイートまとめ

jazz_aet

(いしかわじゅんさんのコラム話題の続き)世阿弥は『花伝書』に「愚かなる眼にも“げにも”と思ふやうに能をせんこと、これ寿福なり(低い眼をもったものにも「なるほど」と思われるような芸は必要だ)」と説いています。
09-09 19:00

評すること、インタビューもまた“芸”であれば、芸論を極めた世阿弥の言葉を重く受け止めなければならないでしょう。引用は『江藤文夫の仕事3』「芸が芸であるために」より。
09-09 19:03

ジャズ・ベースの概念を覆す“夜明け”の名作【JAZZの髄】



ジャズ・ライターの 富澤えいち がお送りする
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
   メルマガ「JAZZの髄(ずい)」
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*



「真夏のベース3連発」の・・・。これは番外編です。僕がも

っとも好きなベーシストかつジャズ・ミュージシャンのひとり、

デイヴィッド・フリーゼンの『スター・ダンス』です。





◆お疲れの身体を癒してくれるマッサージ機器・入浴剤のご紹介
 比較するならこちらから⇒ http://relax.shikisokuzekuu.net/
   ※その日の疲れはその日のうちに解決したいものです。



◆リラックスしたいなら中国茶を飲みましょう!
 購入ならこちらから⇒ http://kurouuroncha.kurushiunai.jp
   ※お買い得な中国茶のまとめ買いサイトを紹介しています。



◆iTunes Storeで「ジャズを買おう!」
  購入はこちらから⇒ http://bit.ly/dxMGjf



◆【ジャズ・ベースの概念を覆す“夜明け”の名作】>>>>>


ボクのブログなどではすでに何度も取り上げているデイヴィッ

ド・フリーゼンのデビュー作『スター・ダンス』。


引越で、所有していたアナログ盤を処分してしまったため、手

元になかったのだけれど、まぁネットで探せばいいやと高を括

っていたところ、なんとまぁ在庫切れで入荷待ち。こりゃあも

う、CDでは手に入らないかもしれないなぁとガッカリしなが

ら、でもときどき諦めずに検索をかけていたところ、ポロッと

「入手可」になっているじゃありませんか!


すかさずクリックしてゲット。ようやく手にすることができた

のです。


ベースとギター、イングリッシュホルンで生み出される静謐な

世界は、いま聞いてもぜんぜん古くなっていない。


ジャズという範疇に入れるには躊躇せざるを得ないのだけれど、

かといってニューエイジやスムースという形容詞も似合わない。


フリーゼンの太いベースはあくまでもジャズの存在感を前提と

し、しかし手法としてのジャズを遠ざけている。


聴くたびに魅力が増し、謎が増えていくという、困ったアルバ

ムが手元に戻ってきて、素直にうれしい。





デイヴィッド・フリーゼン『スター・ダンス』



  Amazonでチェック!⇒ http://amzn.to/a3gNQf





音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~
 富澤えいちの記事はこちらから⇒ http://bit.ly/aF3grT


 富澤えいちの本『ジャズを読む事典』
  Amazonで探す ⇒ http://bit.ly/bF5iBa
  楽天ブックスで探す ⇒ http://bit.ly/diYESz





 ブログ「ジャズなら…」⇒ http://jazznara.blog23.fc2.com/
 サブ・ブログ⇒ http://ameblo.jp/jazz-aet/ (同じ内容です)


 富澤えいちのTwitterはこちらから
  ⇒ http://twitter.com/jazz_aet


◎「JAZZの髄(ずい)」はメルマガ登録【無料】をしておくと
  更新内容が自動的に届けられるようになります。
   登録・バックナンバー閲覧・配信停止はこちらから
   ⇒ http://www.mag2.com/m/M0083892.html


テーマ: JAZZ - ジャンル: 音楽

09/08のツイートまとめ

jazz_aet

横浜の沿岸部も朝から久々の雨です。締切のある日は雨も歓迎(笑)。エアコン切るのも久しぶりですが、雨音を聞きながら原稿用紙に向かうことにしましょう。
09-08 09:57

いしかわじゅんさんのコラム、超おもしろいですが、取材側として考える部分も。インタビュー術はシロウトでは対応できない領域の技術職なので、スキル習得は必須なのですが・・・。該当コラムはこちら⇒http://bit.ly/awqlbv
09-08 10:04

地方の有力紙の記者が予備知識無しでインタビューに来たといしかわじゅんさんは怒っておられましたが、同じような話をボクはある歌手の方から、有名女性誌の取材で、ということで聞いたことがあります。まあ、「知らないから取材に来たんだよ」と言い訳するのでしょうけど(笑)。
09-08 10:06

インタビューの仕事をする人は、まず山根一眞さんの『情報の仕事術』全三巻を探して読むべきでしょう。これはボクのバイブルです。ちなみに、山根一眞さんへのインタビューも実現。神様のような存在だったので、緊張しました(笑)。
09-08 10:22

蒸し暑くなってきたので、エアコン入れます・・・。
09-08 10:23

(不勉強なインタビュアーのつづき)読者をその知識が無い者と想定し、「同じ視線」で話を引き出すという手法であるという言い訳。
09-08 16:39

知識が無い読者を想定した文章を書く場合、書き手も「無知」である必要があるのか? 少なくともボクは「無知」の書いた文章を時間を使って読みたいとは思わない。
09-08 16:40

マスコミが読者と「同じ視線」を意識して取り入れた経緯は、「岩波からカッパへ」という象徴的な事例をあげて江藤文夫(山口欣次先生)が分析されています。
09-08 16:42

おお、南佳孝さん! 実物にお会いしたことありますが、本当に素敵な人です。憧れますね、ああいう生き方 #nhk
09-08 23:20

マイ・フェイヴァリット⇒南佳孝「壊れたラヴ・ソング」
09-08 23:24

“存在感”の全貌を露わにしたベースの旗手【JAZZの髄】



ジャズ・ライターの 富澤えいち がお送りする
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
   メルマガ「JAZZの髄(ずい)」
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*



「真夏のベース3連発」の第3発目は、日本の次代を背負う

“真打ち”の登場。井上陽介『ライフ』です。





◆お疲れの身体を癒してくれるマッサージ機器・入浴剤のご紹介
 比較するならこちらから⇒ http://relax.shikisokuzekuu.net/
   ※その日の疲れはその日のうちに解決したいものです。



◆リラックスしたいなら中国茶を飲みましょう!
 購入ならこちらから⇒ http://kurouuroncha.kurushiunai.jp
   ※お買い得な中国茶のまとめ買いサイトを紹介しています。



◆iTunes Storeで「ジャズを買おう!」
  購入はこちらから⇒ http://bit.ly/dxMGjf



◆【“存在感”の全貌を露わにしたベースの旗手】>>>>>


井上陽介のベースの音は異様にデカい。そのことに気づいたの

は、新宿ピットインでのライヴを観ているときだった。この老

舗ライヴハウスは、ナチュラルなサウンドで、誇張されない

“ジャズの生の姿”を伝えようという気骨のせいか、どの楽器の

PAもデフォルメがない。そのため、音が構造的に弱い楽器は

それなりにしか聞こえないことが多かったりするのだけれど、

その日の井上陽介のベースは、ありありとベースの輪郭をその

まま残しながら、いつまでも耳に残ったまま消えずにいるよう

な、圧倒的な存在感を示していた。おかげで誰のサポートをし

ていたのか、いまとなっては思い出せないというくらい、イン

パクトのあったプレイだったわけなのだが(笑)。


彼にはすでに数枚のリーダー・アルバムがあるのだけれど、い

わゆるベースのポジションを意識しすぎない、楽器本来の個性

をガツンと披露してくれるような作品を聴きたいとずっと思っ

ていた。ようやくそれが叶ったのが、この『ライフ』というア

ルバムなのだ。


このアルバムは、基本的にバンドという考え方が極めて薄い。

なので、バンドとして課せられるベースの役割に制限を受ける

ことがほとんどなく、井上陽介の低音のカタマリをほぼ丸のま

ま、全身に浴びることができるというわけだ。


その魅力を最大限に引き出してくれるゲストがまた、粒ぞろい

なのである。ピアノの小曽根真、ギターの渡辺香津美、サック

スの川嶋哲郎、ドラムの大坂昌彦という、日本を代表するジャ

ズメンたちだ。


このメンツが、井上陽介と“タイマン”を張るために集まったこ

とだけを見ても、井上陽介のポジションを示しているだろう。

いずれも“万夫不当”の四文字が相応しい取り組みが並んでいる

が、個人的には川嶋哲郎との一騎打ちに心が揺さぶられた。ウ

ッド・ベースの真価を発揮させた名演である。



井上陽介『ライフ』



  Amazonでチェック!⇒ http://amzn.to/ciPZrY

  楽天ブックスでチェック!⇒ http://bit.ly/96vFky

  HMVでチェック!⇒ http://bit.ly/djYhTF

  iTunesでチェック!⇒ http://bit.ly/dihBrB



音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~
 富澤えいちの記事はこちらから⇒ http://bit.ly/aF3grT


 富澤えいちの本『ジャズを読む事典』
  Amazonで探す ⇒ http://bit.ly/bF5iBa
  楽天ブックスで探す ⇒ http://bit.ly/diYESz





 ブログ「ジャズなら…」⇒ http://jazznara.blog23.fc2.com/
 サブ・ブログ⇒ http://ameblo.jp/jazz-aet/ (同じ内容です)


 富澤えいちのTwitterはこちらから
  ⇒ http://twitter.com/jazz_aet


◎「JAZZの髄(ずい)」はメルマガ登録【無料】をしておくと
  更新内容が自動的に届けられるようになります。
   登録・バックナンバー閲覧・配信停止はこちらから
   ⇒ http://www.mag2.com/m/M0083892.html


テーマ: JAZZ - ジャンル: 音楽

09/06のツイートまとめ

jazz_aet

今週の「音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~」の富澤えいちの更新記事は「Jazz攻略法 A to Z ~ “J”のキーワード:ジャム(jam)」です。⇒ http://bit.ly/aXMvlW #jazz
09-06 23:31

ベースの常識を覆す忍者の目で見たスタンダード【JAZZの髄】



ジャズ・ライターの 富澤えいち がお送りする
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
   メルマガ「JAZZの髄(ずい)」
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*



「真夏のベース3連発」の第2発目は、“ベース忍者”の異名を

取り世界から注目を浴びている今沢カゲロウの放った『スタン

ダーズ』です。





◆お疲れの身体を癒してくれるマッサージ機器・入浴剤のご紹介
 比較するならこちらから⇒ http://relax.shikisokuzekuu.net/
   ※その日の疲れはその日のうちに解決したいものです。



◆リラックスしたいなら中国茶を飲みましょう!
 購入ならこちらから⇒ http://kurouuroncha.kurushiunai.jp
   ※お買い得な中国茶のまとめ買いサイトを紹介しています。



◆iTunes Storeで「ジャズを買おう!」
  購入はこちらから⇒ http://bit.ly/dxMGjf



◆【ベースの常識を覆す忍者の目で見たスタンダード】>>>>>


今沢カゲロウのライヴを観たときの衝撃はいまでも忘れない。


ベース1本で音楽を支配、すなわちリズム、メロディ、ハーモ

ニーをコントロールしてしまうようすは、分身の術を使ってい

るからという理不尽ないいわけをしたほうがむしろ第三者に納

得してもらいやすいとさえ思ってしまうものだからだ。


その彼が、小出しにしていたカヴァー曲へのアプローチを、一

挙にまとめて送り出してきた。注目はやはり「どのような選曲

なのか」というところに尽きるのだけれど、例によって的を絞

らせない“カゲロウ忍術”が炸裂しているところがまた愉快であ

る。


コルトレーンからバッハまでと、そのボーダレスさは「なんで

もできるから」ではなく「ベース1本でやってみたらオモシロ

かったから」であろう点が、彼のサウンドの揺るぎない骨格と

なっている。


要するに、完璧なイメージが完璧なアウトプット=プレイを生

む。


個人的には「ひょっこりひょうたん島」をここまでファンキー

に解体できてしまうことに感動を覚えてしまう。

バラードの“甘さ”も漂いはじめたそのころに、次のステップへ

向かい始めたニンジャの後ろ姿を見たような気もする。



今沢カゲロウ『スタンダーズ』



  Amazonでチェック!⇒ http://amzn.to/9J3mBp

  楽天ブックスでチェック!⇒ http://bit.ly/9ITbqW

  HMVでチェック!⇒ http://bit.ly/aRYYrX




音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~
 富澤えいちの記事はこちらから⇒ http://bit.ly/aF3grT


 富澤えいちの本『ジャズを読む事典』
  Amazonで探す ⇒ http://bit.ly/bF5iBa
  楽天ブックスで探す ⇒ http://bit.ly/diYESz





 ブログ「ジャズなら…」⇒ http://jazznara.blog23.fc2.com/
 サブ・ブログ⇒ http://ameblo.jp/jazz-aet/ (同じ内容です)


 富澤えいちのTwitterはこちらから
  ⇒ http://twitter.com/jazz_aet


◎「JAZZの髄(ずい)」はメルマガ登録【無料】をしておくと
  更新内容が自動的に届けられるようになります。
   登録・バックナンバー閲覧・配信停止はこちらから
   ⇒ http://www.mag2.com/m/M0083892.html


テーマ: JAZZ - ジャンル: 音楽

09/02のツイートまとめ

jazz_aet

きのうは締切2件の下書きが午前中に終了。自転車で1時間ほどの金沢八景まで海を観に行く。というのは半分ウソで、ウナギを食すのが目的。お気に入りの「隅田川」では〆たてのシメサバも堪能。すぐ前の柴漁港であがった鯖とのこと。
09-02 09:52

きょうは引越前の管轄税務署に呼び出されたので都内へ行かなければならない。1文字何円のライターを呼びつけて税金をむしり取ろうとするのは勘弁してほしい・・・。
09-02 09:55

08/31のツイートまとめ

jazz_aet

今週の「音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~」の富澤えいちの更新記事は「おーる雑多じゃず:ジャズの“基礎知識”はどれくらい必要ですか?」です。⇒ http://bit.ly/9jkZ1o #jazz
08-31 09:20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。