Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネット時代の著作権<前編>【JAZZの髄】



ジャズ・ライターの 富澤えいち がお送りする
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
   メルマガ「JAZZの髄(ずい)」
                         2010/05/11 配信
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


◆【インターネット時代の著作権<前編>】━━━━━・・・・・・‥‥‥………


Podcastingの番組「坂本龍一のRADIO SAKAMOTO」Vol.57で、津田大

介氏をゲストに招いて「インターネット時代の著作権」というテーマで対

談がありました。

とても興味深かったので、メモを取りながら聞きました。それをここに公

開してみたいと思います。

==
坂本氏:配信とアナログだけで良いと思っている。
    iTune'sストアで買いまくっている。
    CDはいらない。プラスチック・ケースが邪魔。
    デジタルが焼かれて複製されるだけのメディア。
    CDはメディアとして過渡期。
   CD価格が固定化されすぎている。
    市場の原理ではなく制作者側の原理で値付けしてもよいのでは?
    アートは一点もの=制作者が値付けできる。
   Amazonのロングテール
    どんなマイナーな曲でも1曲は売れている。
    デジタル配信マーケットによってマーケットに変化が。
    デジタル配信では意外にアルバム単位の購入あり。
    レディオ・ヘッドなどアルバム単位を無視した制作傾向へ。
   インターネット10年を振り返ってーー
    1995年の黎明期から可能性を指摘してきた坂本氏
    インタラクティヴ性に注目。
  支分権の問題
    コース・メニューしかないレストランで
    スープだけ飲みたいと言ってもダメ?
    そのレストラン1軒だけという不自然さ。
    第2JASRACへ。

│ 支分権
│ 著作者は著作財産権と著作者人格権を享有し、前者、後者ともに複数の権
│ 利の集合であり(複製権、翻案権、同一性保持権など)、その意味で著作
│ 権は権利の束で構成されているといえる。この束となる権利の1つ1つを
│ 支分権という。
│ (引用:知的財産用語事典 http://www.furutani.co.jp/index.html

   MD導入時に利用料を支払うシステム⇒ネックに
   1998年にCD-R登場
    自由に音楽をコピーできる時代へ
    音楽形態プレイヤー⇒iTune's

  坂本氏の基本的な考え
   インターネットの登場=音楽に使える!
   作り手と聴き手がダイレクトにつながる。
   中間ビジネスがなくなるだろう。
    そのときに「権利」をどう守るか?
     ↓  ↓  ↓
    音楽っていったい「いくら」なのか?
     LPやCDは10曲3,000円くらい?
     デジタル1曲300円の根拠に?
    ビジネスを離れて音楽が裸になると
     ⇒音楽に値段はなかった?!
    価格=流通手数料
     ⇒音楽業界の不思議さがあぶり出しに・・・


   では、「権利」とはなにか?
    値段もないのになにを守るための「権利」なのか?
    著作権のない時代
     複数の出版社から自由に出版可能(19世紀末まで)
     音楽業界では楽譜の出版
     出版ビジネスの「権利」を守るために著作権を設定
      ⇒9割マージンの利益を守るため?
   もともと音楽は「コピーありき」だった。
     囲い込みをするために権利を主張させた?
     作り手優先の主張ではなかった。
     産業化するための制度・法律だった。

   坂本氏:権利を100%主張する気になれない。
       インターネットはシェアする世界である。
==

※長くなってしまいましたので、続きは<後編>で。







音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~
 富澤えいちの記事はこちらから⇒ http://bit.ly/aF3grT




リラックスしたいなら中国茶を飲みましょう!
 購入ならこちらから⇒ http://kurouuroncha.kurushiunai.jp
   ※お買い得な中国茶のまとめ買いサイトを紹介しています。



iTunes Storeで「ジャズを買おう!」
  購入はこちらから⇒ http://bit.ly/dxMGjf



『手数王』菅沼孝三の60日間ドラム上達プログラム
「ドラムの達人!手数王式60日短期集中ドラムメソッド」
  詳しくはこちらから⇒ http://bit.ly/aEbRov






◆【編集後記】━━━━━━━━━━━・・・・・・・・・・・‥‥‥………


ヤマハHPでの連載コラム「音楽ジャーナリスト&ライターの眼」のお知

らせです。今週は、初回から好評をいただいている「Jazz攻略法AtoZ」

のB、ブルースについて書いてみました。

このままC、D、E・・・とZまで、2週に1回のペースなので1年後に

たどり着くという予定になっています。企画書を提出した段階では、Aの

「アドリブ」の見本原稿しか付けていませんでした。つまり、毎回「綱渡

り」というわけです(笑)。

さて、無事にZまで書けますことやら。見守っていただければ幸いです。









お疲れの身体を癒してくれるマッサージ機器・入浴剤のご紹介
 比較するならこちらから⇒ http://relax.shikisokuzekuu.net/
   ※その日の疲れはその日のうちに解決したいものです。





 富澤えいちの本『ジャズを読む事典』
  Amazonで探す ⇒ http://bit.ly/bF5iBa
  楽天ブックスで探す ⇒ http://bit.ly/diYESz


 ブログ「ジャズなら…」⇒ http://jazznara.blog23.fc2.com/
 サブ・ブログ⇒ http://ameblo.jp/jazz-aet/ (同じ内容です)


音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~
 ⇒ http://bit.ly/aF3grT


 富澤えいちのTwitterはこちらから
  ⇒ http://twitter.com/jazz_aet


◎「JAZZの髄(ずい)」はメルマガ登録【無料】をしておくと
  更新内容が自動的に届けられるようになります。
   登録・バックナンバー閲覧・配信停止はこちらから
   ⇒ http://www.mag2.com/m/M0083892.html




スポンサーサイト

テーマ: 最新音楽ニュース - ジャンル: 音楽

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。