Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みっくみくにされたんかよっ?!



覚悟をするつもりはなかったんだけど、やっぱりその油断がいけなかったのかなぁ…。

事の発端はこうだ。「日経ビジネス」2008年1月14日号に、“「仮想歌姫」が謳った課題――問われるネット時代の著作権処理”という記事が掲載されているのを読んだ。

実はそれまで、“仮想アイドル”なんてものにこれっぽっちも興味を持てなかったので、初音ミクというアイドルが歌っているという「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」という楽曲がネットで炎上しているなどということはぜんぜん知らなかった。ニュースでも多く取り上げられていたようだが(それがまたYouTubeにアップされてるんだけど)、そういうニュースにも興味を示さなかったので、素通りだった。

記事では、この音声合成ソフトウェアで作成された楽曲がJASRACに登録されたことによって起こった顛末をサマリーしていた。

日本の著作権管理制度では、ニコニコ動画やYouTubeのように包括的な利用料契約をしているサイトにおいては、そこで公開されるコンテンツでの楽曲使用に関しては許諾が必要なくなる(米国も同じらしい)。

しかし、自分のブログなどで公開する場合は、別途JASRACと契約する必要がある。

締めくくりとして、著作権管理会社イーライセンスの三野社長の「最大の課題は新たな著作物の利用形態に著作権処理が追いついていないこと。本来、使用料や許諾に関するルールを利用形態別に自由に設定できるようにすべき。」というコメントを載せている。

著作権は、守られるべき人にとっては必然のものだけれど、邪魔くさいと思うこともしばしばあることは確か。

ワタシのように、他人の作品をあれこれと取り上げる場合に、この著作権をどこまで尊重するのかというのはかなりビミョーになったりする。

著作者本人にしても、もっと自由に宣伝で使ってくれたらと思わずにはいられない状況なんかもあったりするようだし。

キャパシティによってもこの解釈の仕方にはかなり温度差があるように見受ける。売れる対象は神経質にならざるをえないだろうし、逆に“そうじゃない側”は取り上げてもらおうとする際のネックになったりしているし。

そんなことを頭の隅で考えながら、みっくみくを何度も聴いていると、頭のなかがネギになってきた(笑)。

ところでこのソフト、いろいろと聞き比べてみると、かなりエンジニアの“腕”の差が出るようなのだ。上級者が使っていると、聴いているほうがハッとするぐらいの感情表現が可能みたいだし。

少なくともバックコーラスのレベルでは実用的と言えるのではないかな。

音程の安定感はデジタルだけに完璧。ジャズ・ヴォーカルの練習用ソフトとしてもイケそうな気がしてるんだけど…。


   ブログ・ランキングにご協力ください!こちらをクリック
                        ⇒FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ: JAZZ - ジャンル: 音楽

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。