Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライヴの「安・短・軽」【JAZZの髄】



ジャズ・ライターの 富澤えいち がお送りする
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
   メルマガ「JAZZの髄(ずい)」
                         2010/06/06 配信
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。



お疲れの身体を癒してくれるマッサージ機器・入浴剤のご紹介
 比較するならこちらから⇒ http://relax.shikisokuzekuu.net/
   ※その日の疲れはその日のうちに解決したいものです。



◆【ライヴの「安・短・軽」】━━━━━・・・・・・‥‥‥………


┌─────────────────────────────────
│ 「安・短・軽」のクラシック

│ 6月6日7時55分配信 産経新聞

│  専門誌「モーストリー・クラシック」の編集長を3年8カ月担当しても、
│ クラシックへの苦手意識が抜けなかった人間が言うのも何だが、クラシッ
│ クの新しい楽しみ方を紹介したいと思う。

│  ヒントは、10月1日から3日間、仙台市内で開かれる「仙台クラシッ
│ クフェスティバル(通称せんくら)」にある。個人的には、日本のクラシ
│ ック音楽シーンを変えるきっかけになるイベントだと思っているからだ。

│  今年で5回目。延べ約14万人が来場している。先ごろ発表された概要
│ によると、一言で言えば「安い、短い、気軽」。1公演が45分か60分、
│ 料金は1千~2千円。3歳児以上が可能な公演を中心に、0歳児OKの公
│ 演もある。地下鉄沿線の4施設10ホールで計101公演開催されるから、
│ 「はしご」も可能。出演者もトップクラスが多い。

│  クラシックといえば「高い(料金)、長い(時間)」。業務で向き合う
│ と偏見や誤解があることは分かった。ただ、演奏を静かに聴きたい人にと
│ って、せき払いをする人は迷惑。自分も前の席の客からにらまれたことが
│ ある。雑誌で巻頭言を担当してもらった評論家の黒田恭一氏は、せきが出
│ るときは絶対に会場には行かなかったという。心して行かないといけない
│ という雰囲気はどうしてもある。乳幼児もお断りが常識だ。

│  「クラシックはキャパシティー(受け入れる人の数)が決まっている」
│ といわれる。そうだろうか。「のだめ」や「千の風」は関心が薄い人たち
│ に刺激を与えた。のだめはその俳優が好きだっただけかもしれない。単な
│ る「月9ドラマ」のファンだった人もいる。千の風は紅白歌合戦で火が付
│ いた。きっかけは何でもいい。だからこそ、主催者と出演者、マスコミが
│ 楽しみ方の選択肢を提供していかなければならない。少なくとも、せんく
│ らには「好きな人なら、料金も時間も惜しまない」という意識はない。

│  仙台市には昭和48年に発足した仙台フィルハーモニー管弦楽団がある。
│ 若手演奏家の育成をめざした仙台国際音楽コンクールなど、音楽イベント
│ が盛んだ。せんくらはそんな土地柄に誕生した。

│  決してこれまでの楽しみ方を否定はしない。今後も主流であることに変
│ わりはないが、こうした音楽祭が新しい息吹を与えることも事実。一地方
│ 都市の挑戦がうねりとなり、全国で同様の試みが増えてほしい。そう願っ
│ ている。(東北総局長 工藤均)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100606-00000023-san-soci
│ Yahoo!ニュースの記事を引用しています。
└─────────────────────────────────


面白い試みのニュースだと思って、取り上げてみました。「ジャズ・スト

リート」というような名目で、気軽にジャズのライヴに触れることの出来

るイヴェントは各地で開催されているようですが、まだまだライヴは(ク

ラシックにかぎらず)高いという印象が強いですよね。収益構造に関係す

るので一概に安くすることは難しいと思いますが、今後は収益の柱として

ライヴの重要性が増していくことを考えると、構造改革の必要性があるか

もしれません。





音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~
 富澤えいちの記事はこちらから⇒ http://bit.ly/aF3grT




リラックスしたいなら中国茶を飲みましょう!
 購入ならこちらから⇒ http://kurouuroncha.kurushiunai.jp
   ※お買い得な中国茶のまとめ買いサイトを紹介しています。



iTunes Storeで「ジャズを買おう!」
  購入はこちらから⇒ http://bit.ly/dxMGjf



『手数王』菅沼孝三の60日間ドラム上達プログラム
「ドラムの達人!手数王式60日短期集中ドラムメソッド」
  詳しくはこちらから⇒ http://bit.ly/aEbRov






◆【編集後記】━━━━━━━━━━━・・・・・・・・・・・‥‥‥………


これから自転車でみなとみらいのほうへ出掛けてみようと思っています。

梅雨の時期なのにこんなに天気が良いので、部屋に閉じこもっているのが

もったいないですよね(笑)。横浜では開港151年の記念行事をやってい

るんだそうです。とても中途半端なんですが(昨年は150年記念で開港博

覧会をやってたわけですけどね)とにかくなんでも盛り上げていこうよっ

ていうラフな感じもまた横浜っぽくていいかもしれないなと思ったりして

います。






 富澤えいちの本『ジャズを読む事典』
  Amazonで探す ⇒ http://bit.ly/bF5iBa
  楽天ブックスで探す ⇒ http://bit.ly/diYESz


 ブログ「ジャズなら…」⇒ http://jazznara.blog23.fc2.com/
 サブ・ブログ⇒ http://ameblo.jp/jazz-aet/ (同じ内容です)


音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~
 ⇒ http://bit.ly/aF3grT


 富澤えいちのTwitterはこちらから
  ⇒ http://twitter.com/jazz_aet


◎「JAZZの髄(ずい)」はメルマガ登録【無料】をしておくと
  更新内容が自動的に届けられるようになります。
   登録・バックナンバー閲覧・配信停止はこちらから
   ⇒ http://www.mag2.com/m/M0083892.html


スポンサーサイト

テーマ: 最新音楽ニュース - ジャンル: 音楽

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。