Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「冷やし」という新しい日本蕎麦

タイトルを打っていて、そばを「日本蕎麦」と書かねば不親切かなと思うようになってしまったいまの日本が残念になってしまった。

それはさておき。

土曜日(本日)は本格的な雨ということで、晴れ間のあるうちにと、金曜日の午後に総武線直通各駅停車に乗って東へ下る。

昼の腹ごしらえは、両国にある蕎麦屋「ほそ川」。

ここはもともと、埼玉の吉川(武蔵野線ですね)にあって、当時から蕎麦好きには有名な店だっただけれど、遠かったので機会が在ればいきたいなぁと思っていたところ、両国に移ってきてくれたので、何度か足を運んでいる。

ちょうどJRの駅から江戸博の向こう側、という位置関係で、ちょっと行きづらい場所ではあるけれど(大江戸線の出口だとかなり近い)、「あの蕎麦が食べられるのなら」と、歩みも自然に速まってしまう。

さて、平日の店内は混み具合もそこそこ。

これが土日だと、かなり待たされてしまう。

大きなテーブルで、相席ながら目の前には生け花が飾ってあるなど、居心地は悪くない。

メニューを見て、まずは唇を湿しながら、仕上げにと、「冷やしかもナス蕎麦」と品書きにあったものを頼んでみた。

冷たい付け汁に、賀茂ナスの素揚げをチラしたものかな、と想像していたら、大外れ。

これがその冷やし賀茂ナス蕎麦」。

hiyakamonasu.jpg


香り、食感、もちろん味。そのすべてでノックアウトされてしまう・・・。

いやぁ、いいものに出会えました。

店のヒトに聞けば、「ぬき」いわゆる蕎麦のない、出汁かけの賀茂ナスの一品もあるとか。

今度はそれを肴にしてみようかな。

店を出て、フラフラと亀戸方向へ。途中はバスに乗って、目的地は亀戸の佐野味噌本店。

味噌汁の味噌を、ここで調達しようという魂胆。

ウチでは、母親が取り寄せている福島の味噌(出身地)を分けてもらっていたので、しょっぱめの田舎味噌がいつもの味だったのだけれど、最近はいろいろと試してみることにしている。

亀戸の佐野味噌は、味噌業界では有名な店で、店頭にはずらりと自慢の味噌が並んでいた。

そのなかで、手前味噌というオリジナルのものを、混ぜ味噌と白みそ、それぞれ購入。

それから、なぜか店頭にあった、ピンピンで肉厚の小松菜190円也もゲット。

ちなみに、この小松菜は、おひたしでも美味かったし、アゲとジャコとともに炒めたものを土曜の昼餉でいただいたが、最高の総菜になってくれた。

電車で帰途につく前に、せっかく亀戸に来たのだからと、路地を入って亀戸餃子本店へ立ち寄り、さすがに3時前のこの時間ではまばらながらビールを片手に餃子を頬張るオジサンやオバサンとともに、長いカウンターに座して、3皿をいただく。老酒で。

サクサクの薄い皮は、やっぱり病みつきになる。ぷはぁ~。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。