Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいぶ前とちょっと前のボブ【JAZZの髄】






今週の音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~

富澤えいちの記事はこちらから⇒ http://bit.ly/aF3grT

今週の「音楽ジャーナリスト&ライターの眼」の更新コラムは
「おーる雑多じゃず:アジアの端っこでジャズを叫ぶ」です。
ライヴ雑感をまとめました。




◆お疲れの身体を癒してくれるマッサージ機器・入浴剤のご紹介

比較するならこちらから⇒ http://relax.shikisokuzekuu.net/

※その日の疲れはその日のうちに解決したいものです。



◆リラックスしたいなら中国茶を飲みましょう!

購入ならこちらから⇒ http://kurouuroncha.kurushiunai.jp

※お買い得な中国茶のまとめ買いサイトを紹介しています。



◆iTunes Storeで「ジャズを買おう!」

購入はこちらから⇒ http://bit.ly/dxMGjf


◆Amazonで「ジャズを買おう!」

購入はこちらから⇒ http://amzn.to/hOR0MY


◆楽天ブックスで「ジャズを買おう!」

購入はこちらから⇒ http://a.r10.to/hBCigC



◆【だいぶ前とちょっと前のボブ】>>>>>


ボブ・ミンツァー『バップ・ボーイ』



甘⇒http://amzn.to/gvCRLy

樂⇒http://a.r10.to/hBHfVN

●outline

老舗フュージョン・ユニットのフロントからビッグバンドの継承者

といった幅広い才能を発揮するトップ・サックス奏者、ボブ・ミン

ツァーが、珍しくスタンダードに挑んだ、ハード・バビッシュな

2002年制作作品。

●point

ボブ・ミンツァーといえばイエロー・ジャケッツであり、ワード・

オブ・マウスでありと、コンテンポラリーなジャズを総括できる多

彩でボーダレスな活動が魅力であったりするわけなのだけれど、ス

タンダードだって軽々と表現できちゃうんだもんね的な企画である

のが本作といえるだろうか。

しかし、その軽さのなかに、共演者との緻密なクリエイションが埋

め込まれているから、疎かにはできない。





ボブ・ミンツァー『ソース』



甘⇒http://amzn.to/gagSKx

樂⇒http://a.r10.to/hBUnL6

●outline

1982年に発表されたコンテンポラリー・サックス奏者ボブ・ミンツ

ァーのリーダー作をリマスタリング。ジャコ・パストリアスも2曲

に参加。

●point

82年はフュージョンというジャンルにとって爛熟に時期に当たるが、

そろそろ方向性を見失いつつある時期でもあったといえる。

このアルバムも、リーダーをボブ・ミンツァーと定めながら、彼が

主体となってバンド・サウンドを模索していくというよりは、オー

ルスターズがちょっとした重心(すなわちリーダーとして指名され

た人物=本作ではボブ・ミンツァー)の移動によって醸し出される

表情の違いを手がかりに、最終的には誰をも納得させる完成度によ

って収束を見るという、フュージョンにおける王道的なアプローチ

をまざまざと見せつける仕上がりとなっている。

と、言うは易いのだけれど、フュージョンにおける“王道”を再現

させるには誰でもよいわけもなく、だからこそファースト・コール

というヒエラルキーが注目され、一部のスーパー・アーティストた

ちに白羽の矢が立っていたわけである。

同時期にミンツァーはジャコがリーダーシップをとるワード・オブ

・マウスにも参加しているわけだが、おそらく本作のようなセッシ

ョン・レコーディングを通して求めるべきサウンドを詰めていった

のだろう。

決定版とは言えないまでも、数々の光るアイデアが所々にちりばめ

られていることが確認でき、これが『パパ・リップス』などの完成

度を支えていったのであろうことを想像させる。





【1】「全巻が揃いわない」フラストレーション度:★★☆☆☆
1~10巻があるのに、11巻がなく12巻があるという非常事態。
【2】「家に持ち帰れない」フラストレーション度:★★★☆☆
一冊200gと計算し【こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)】を
172巻購入する場合を仮定。総量3.5キロと、平均単身所帯1ヵ月の
コメ消費量と同じ重さになることが判明しました。持ち帰れる気が
しません……
【3】「書店員のレジ打ち・梱包の待ち時間が長い」羞恥度:★★★★
カバー掛けまでお願いしてしまうと
30分レジ台の前で所在なさげに待つことになります。
★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆
そんな、同じ悩みをお持ちの方に朗報です!
---------------------------------------------------
世界最大のマンガ全巻専門書店「漫画全巻ドットコム」
---------------------------------------------------
   ⇒http://bit.ly/hMEQ55



◆iTunes Storeで「ジャズを買おう!」

購入はこちらから⇒ http://bit.ly/dxMGjf


◆Amazonで「ジャズを買おう!」

購入はこちらから⇒ http://amzn.to/hOR0MY


◆楽天ブックスで「ジャズを買おう!」

購入はこちらから⇒ http://a.r10.to/hBCigC





音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~

富澤えいちの記事はこちらから⇒ http://bit.ly/aF3grT




富澤えいちの本『ジャズを読む事典』

Amazonで探す ⇒ http://bit.ly/bF5iBa

楽天ブックスで探す ⇒ http://bit.ly/diYESz




ブログ「ジャズなら…」⇒ http://jazznara.blog23.fc2.com/

サブ・ブログ⇒ http://ameblo.jp/jazz-aet/ (同じ内容です)



富澤えいちのTwitterはこちらから
⇒ http://twitter.com/jazz_aet



◎「JAZZの髄(ずい)」はメルマガ登録【無料】をしておくと

更新内容が自動的に届けられるようになります。

登録・バックナンバー閲覧・配信停止はこちらから

⇒ http://www.mag2.com/m/M0083892.html

*メルマガ版にはブログでは読めない「前書き」がついてます!



スポンサーサイト

テーマ: JAZZ - ジャンル: 音楽

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。