Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代舞踏と即興音楽のコラボ雑感



Visioni Incrociate X クロッシング・ビジョン(←詳細はこちら)

曜日の夕方、九段にあるイタリア文化会館アニェッリホールへ。二松学舎大学の隣の、赤い建物だ。

地下二階へ降りて行くと300人ほどの収容スペースを持つホールが。椅子は黒い革でできている。さすがイタリアン。

本日の演目「クロッシング・ビジョン」は、日伊両国で開催される一連のダンス・音楽プロジェクトとのこと。

ダンスと即興音楽のコラボは10年ぐらい前までは頻繁に開催されていた印象があったのだけれど、このところこの手の企画はご無沙汰だったかもしれない。いわゆるアングラ的なニオイがする。

2時間半ほどのステージで、日本とイタリアのモダン・ダンス・シーンをショウケース的に収めたもので、もうすこし音楽との噛み合い方が欲しかったところだが、量的には満足感あり。

なかでもイタリアのダンス陣の能力の高さは特筆すべきものだった。それに比べると、日本のダンス界には不安が…。

イタリアを含めて、ヨーロッパのモダン・ダンスには白虎社や大駱駝艦といった日本の70年代カウンター・カルチャーを代表するダンス集団の強い影響を感じる。

余談だが、20年ほど前に新宿で飲みに入った店で、大駱駝艦の打ち上げに遭遇したことがある。それはもう、すさまじい光景だった。あの人たちはステージと飲み屋のテーブルの区別がつかないらしい…。

話休題。日本発のそれらが欧州で消化されて、こうしてまた極東の小国へもたらされて、それが刺激となって発展が始まるのだろう。

Fuseという感覚よりは、やはりCross Overだな。異種が異種として種を残しながら、部分的なメタモルフォーゼを果たした新種に希望を託す。だから、このイヴェントは結果ではなく経緯に意味があるということになるのだろう。

個人的にはじゃがたらのダンサーだったアンジェラの登場、山崎阿弥の声、石川高の笙の奏法が興味深かった。

ところで、最初はスタイリッシュで座り心地もいいと思っていた黒革の椅子、途中から尻が痛くなっちゃった。残念っ!

   ブログ・ランキングにご協力ください!こちらをクリック
                        ⇒FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 音楽

Comment

がんばって下さい

ブログランキングがんばって下さい。
応援しています。
ところで、私もジャズが好きなのですが(初心者です)、ジャズの構成は結構難しくないですか。
私は西洋音楽の古典派の音楽を好んで聴くのですが、ジャズにもそのような区分があるんですかね。

ジャズについて勉強させていただきます。
リンクを張らしていただいてもいいですか?
私のブログは音楽紹介ページです。是非遊びにきてください。

http://mozarrtt.blog29.fc2.com/blog-entry-10.html

2007.12.09 (Sun) | mozart #yBDj4I/A | URL | 編集

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

2007.12.10 (Mon) | みんな の プロフィール #- | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。