Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビールは滅多にいただかないのだけれど

幸い、尿酸値は投薬のお陰で平常値を維持している。

プリン体を多く摂取すると、尿酸値は上がることで知られている。尿酸値が上がると、痛風を引き起こす。

痛風は陣痛に匹敵する痛みだと言われるが、さもありなんと頷けるのは経験者ならでは。もちろん、妊娠の方の経験ではないのは言うまでもない。

だからといって、なにかを控えているということはあまりない。朝に1錠の錠剤を飲んでいるだけで、あとはとくにきにしていることはない。

日本酒やワインをちょっと多めにいただいても、夜中に飛び起きて呻くことはない。

だからといって、安心はできないのだろうけれど・・・

アルコール類のなかでも、ビールは痛風の大敵として知られているようだ。プリン体カットを謳った商品もある。焼酎を割るホッピーは、プリン体がないことで売り出していて、これでビール党からホッピー党に鞍替えした飲み助もいるようだ。

ボクは基本的にビールをあまりいただかない。好き嫌いと言うよりも、あまり飲めないのだ。すぐにお腹が張ってしまう。レギュラー缶350mlを持て余すくらいだ。

だから、地酒には興味があるけれど、地ビールにはあまり興味を示さない。

なのに、横浜の地元ブリュワリーで地ビールが飲めるという情報を聞いて、なぜか行ってみる気になった。

それは、関内にある「タップルーム」というお店だ。

関内タップルーム

先々週の夜、ほかで飲んでいた帰り道に、ちょっとだけ寄ってみた。

すでに焼酎などをだいぶいただいていたので、400mlのグラスで2杯ほどの地ビールをいただいて帰ったのだけれど、2杯飲めたというわけだ。

これは、ボク的にはすごいことである。

ここのビールは、別物だと言うことになる。新宿Frigoや銀座Favoriで供されるJever Pilsenerや、新橋ビアライゼのアサヒ生だけが「例外」だったのに、これに準ずるものになったのが、「スルガベイ インペリアルIPA」というビール。

これが苦い。苦いんだけど、うまい!

スルガベイ

日曜日の午後、昼から営業しているというので再訪。ビールとともに、おすすめのスモークの肉類を注文する。

タップルームのスモークたち

うーん、これがまたうまい。

いい店を見つけたなぁ。夏前にしてこの頻度。今年の夏は、ここで節電がてら、涼むことになるかもしれない(笑)。



◆iTunes Storeで「ジャズを買おう!」
購入はこちらから⇒ http://bit.ly/dxMGjf

◆Amazonで「ジャズを買おう!」
購入はこちらから⇒ http://amzn.to/hOR0MY

◆楽天ブックスで「ジャズを買おう!」
購入はこちらから⇒ http://a.r10.to/hBCigC


富澤えいちのFacebookページ⇒http://on.fb.me/ijCgFw

音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~
富澤えいちの記事はこちらから⇒ http://bit.ly/aF3grT

富澤えいちの新刊『頑張らないジャズの聴き方』
Amazonで探す ⇒ http://amzn.to/y633Ja
楽天ブックスで探す ⇒ http://bit.ly/A8aXch


富澤えいちの本『ジャズを読む事典』(品切れ間近!)
Amazonで探す ⇒ http://bit.ly/bF5iBa
楽天ブックスで探す ⇒ http://bit.ly/diYESz


ブログ「ジャズなら…」(FC2ヴァージョン)
http://jazznara.blog23.fc2.com/
*富澤えいちのジャズに関するプライベートなコラムを随時掲載


ブログ「ジャズなら…」(アメブロ・ヴァージョン)
http://ameblo.jp/jazz-aet/
*キュレーションのまとめを中心に掲載


富澤えいちのTwitterはこちらから
⇒ http://twitter.com/jazz_aet

◎「JAZZの髄(ずい)」はメルマガ登録【無料】をしておくと
更新内容が自動的に届けられるようになります。

登録・バックナンバー閲覧・配信停止はこちらから
⇒ http://www.mag2.com/m/M0083892.html

スポンサーサイト

テーマ: ひとりごと - ジャンル: 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。