Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旬を迎えた松輪のアジフライを並んでいただく

都心での用事があったので、その前に腹ごしらえ。
まあ、コンビニでパンでも買ってというのでもいいけれど、
せっかく電車賃を払って出かけたのだからと、
行きたいと思っていてなかなか行けない店へ行くことにする。

お目当ては、京橋「松輪」のランチ。

三浦半島の魚を出す見せとして知られた小体な店だが、
お昼に絶品のアジフライを限定で出していることで有名。

ボクは根岸線から京急線を乗り継いで、
最寄り駅の宝町に到着したのが11時10分。

5分ほどで「松輪」に到着すると、すでに長蛇の列が・・・。
覚悟はしていたけれど、やっぱりすごい行列。

開店は11時半。ランチはアジフライのみで、
40席程度の店内が2回転するころには
表に「本日のランチは売り切れました」
という札が出されるという感じ。

ボクの3人前でちょうど最初の満席となったため、
店内入り口で待つことしばし。

ようやく席につくことができたのは12時10分。
並び始めてから約1時間で、ご対面できたのがこれ。

「松輪」のアジフライ

都内にいたときは何度か食べに来たことがあったのだけれど、
引越しして3年、ようやく来ることができた。

ここのアジフライは、小鉢に盛られた大根おろしにちょいと醤油をたらして、
おろしわさびをあわせてフライの上に載せていただくというスタイル。

そう、ソースをドボドボとかけるんじゃないのですよ。

そんなことをしたら、繊細なアジの味が消えてしまうという、
店の配慮なんだと思う。それほど、ここのアジは新鮮で、
アジ特有のクセすら感じさせない。

だから、食べている最中は物足りなさすら感じるくらい。
しかし、食べ終えてもフライものを食べたときによく感じる
口の周りの脂っこさがなく、スッキリとしている。

そしてまた、食べに来たくなってしまうのだ。

「松輪」アジフライのセット

午後からは、あまり愉快ではない打ち合わせだったけど、
念願のアジフライをいただいていたおかげで、
なんとかスムーズに乗り切ることができた。

こんな恩恵があるのだから、1,200円の出費と1時間弱の行列も
惜しくないと思ってしまう。






富澤 えいち ヤマハミュージックメディア 2012-02-23
売り上げランキング : 340992
by ヨメレバ



◆iTunes Storeで「ジャズを買おう!」
購入はこちらから⇒ http://bit.ly/dxMGjf

◆Amazonで「ジャズを買おう!」
購入はこちらから⇒ http://amzn.to/hOR0MY

◆楽天ブックスで「ジャズを買おう!」
購入はこちらから⇒ http://a.r10.to/hBCigC


富澤えいちのFacebookページ⇒http://on.fb.me/ijCgFw

音楽ジャーナリスト&ライターの眼~今週の音楽記事から~
富澤えいちの記事はこちらから⇒ http://bit.ly/aF3grT

富澤えいちの新刊『頑張らないジャズの聴き方』
Amazonで探す ⇒ http://amzn.to/y633Ja
楽天ブックスで探す ⇒ http://bit.ly/A8aXch


富澤えいちの本『ジャズを読む事典』(品切れ間近!)
Amazonで探す ⇒ http://bit.ly/bF5iBa
楽天ブックスで探す ⇒ http://bit.ly/diYESz


ブログ「ジャズなら…」(FC2ヴァージョン)
http://jazznara.blog23.fc2.com/
*富澤えいちのジャズに関するプライベートなコラムを随時掲載


ブログ「ジャズなら…」(アメブロ・ヴァージョン)
http://ameblo.jp/jazz-aet/
*キュレーションのまとめを中心に掲載


富澤えいちのTwitterはこちらから
⇒ http://twitter.com/jazz_aet

◎「JAZZの髄(ずい)」はメルマガ登録【無料】をしておくと
更新内容が自動的に届けられるようになります。

登録・バックナンバー閲覧・配信停止はこちらから
⇒ http://www.mag2.com/m/M0083892.html

スポンサーサイト

テーマ: ひとりごと - ジャンル: 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。