Page to Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Miya ORIENTAL SUN 発売記念ライヴ




◆【ライヴ短評】━━━━━━━━━━・・・・・・・・・・・‥‥‥………

Miya ORIENTAL SUN 発売記念ライヴ@新宿Pit Inn 2009/12/03

          メンバー
          Miya(フルート)、スガダイロー(ピアノ)
          渥美幸裕(ギター)、外山明(ドラムス)

女性フルート・プレイヤー、Miyaの3作目となる

『ORIENTAL SUN』の発売を記念したライヴ。


⇒楽天ブックスでチェック!

オリエンタル・サン

⇒amazonでチェック!




まずは閑話から始めることを許されたい。


フルートという楽器は、

室内楽においては花形として扱われるものの、

ジャズの分野では演奏人口も少なく、

サックス奏者が“片手間”に吹いているような

印象があるのは否めない。


ところがジャズ・フルート自体はかなり特異な存在で、

非常に興味深いパフォーマンスが残されている。

例えばエリッック・ドルフィー、ジェレミー・スタイグ、

ハービー・マン、ルー・タバキンなどなど。

あ、ボビー・ハンフリーなんかも思い出した。

それから、ちょっとハズれるけど、

ローランド・カークのノーズ・フルートも強烈なインパクトだ。


まあ、ざっと振り返ってみても、

フルートによって具現されるジャズという音楽は、

かなり獰猛で起伏の激しいものとして描かれることが多いように思う。


弱音の木管楽器であることは、

ジャズにとってマイナス面が多いのではないかという

先入観を見事に覆して、

フルートはほかの楽器にはない独自の立ち位置を

確立することに成功しているといえる。


それだけに、ジャズ・フルートの後継者たちには

高いハードルが残されてしまったともいえるのだが。


だから、ヒーリング音楽的な活用法は展開できても、

それ以外の、特にスピリチュアルな分野においては

なかなか過去を凌駕できる人材が出てこなかったという

背景があった。


で、閑話休題。


Miyaの登場は、

こうしたジャズの歴史を塗りかえるものとして、

ジャズ・シーンに衝撃を与えている。


日本人の父とイギリス人の母とのあいだに生まれたMiyaは、

2004年に洗足学園音楽大学のジャズ専攻を卒業、

プロとしての活動を開始した。


2作目の『Miya's Book:Music For Seven Days』では

日本の即興芸術シーンの最前線を走り続けている御大、

山下洋輔をエグゼクティヴ・プロデューサーに迎えたことからも、

彼女のフルーティストとしての立ち位置がうかがい知れるだろう。


そして『ORIENTAL SUN』だが、

そのアルバムを耳にしたとき、

フルートのもつイメージと

Miyaという女性のもつイメージが

あまりに乖離していたことから

しばし思考停止に陥るほどの体験をさせてくれたおかげで、

せめて1セットでもいいから“実体験”をしたいと、

新宿の老舗ライヴハウスに馳せ参じさせたという

威力をもった内容だったのである。


その“実体験”の破壊力は、

アルバムはおろか想像さえも遙かに超えたものだったので、

(ボクには実はないにもかかわらずに)

後ろ髪を引かれながら2セット目を見られずに

帰途につかざるを得なかったという“熱い夜”だったのだけれど、

これでまたフルートのようなマイノリティ楽器への

興味を再燃させてくれたMiyaには

熱い視線を送り続けなければなるまい。


余談だが、

中学生のころだからもう40年近く前になるのだけれど、

ジェスロ・タルというプログレッシヴ・ロックの

バンドの来日公演を観に行って、

地味だと思っていたフルートという楽器のかっこよさに

目覚めてから現在に至っているボクの嗜好なのだからだけど、

Miyaという逸材が輩出されたことによって、

「案外、フルートってストライク・ゾーンかもしれないな」と

改めて独りごちさせてくれたりすることに、

うれしさを覚える今日この頃だったりしている。



⇒楽天ブックスでチェック!

オリエンタル・サン

⇒amazonでチェック!






ジャズ - iTunes Store

 iTunes Store(Japan)





  ブログランキングにご協力を!→クリック


この記事は富澤えいちのメルマガ「JAZZの髄(ずい)」で配信されたものです。

↓「JAZZの髄(ずい)」への登録(無料)はこちらから↓



メルマガ購読・解除


 


スポンサーサイト

テーマ: JAZZ - ジャンル: 音楽

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。